FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アトピーを治す水の力のエネルギー

水

以前、水素水がアトピーに有効だという記事を書きました。それから、顔のアトピーがもうあとちょっとで完治しそうだというところまで言ったのですが、油断して、それまで我慢に我慢を重ねていたビールをちょっとぐらいいいだろうという気持ちで飲んでしまったのがいけませんでした。また皮膚が赤くなりかゆみが顔に広がってしまったのです。

今回、自分を観察して、いろいろわかったことがありました。アトピーがひどくなった時に注意することは、

・甘いお菓子の摂りすぎ
・唐辛子のきいた辛すぎるものを食べること(皮膚温度をあげると、汗いて皮膚を刺激する)
・アルコール飲料を飲むこと
・皮膚の刺激になる成分を含む温泉入浴
・自宅の風呂でも入浴時間が長いと皮膚温度を上げてかゆみが出るので、シャワーだけの方が治りやすい
・大量の汗をかくような運動(ストレッチやヨガなどはOK)
・紫外線

気を付けなければならないことが多すぎて、結構ストレスがたまります。ストレスがたまるので、ちょっとぐらいいいでしょみたいなつもりで、ビールに手を出したことが大失敗でした。けれども、今回は水素水のおかげで症状が治まるのが早くてすみました。

さて、アトピーを知ることも大事なんですが、それよりもなによりも、もっと簡単に治るという情報が入りました。水への感謝で皮膚が治るというのです。今日からこれを実践しようと思います。地元の久江の水がとてもよいらしいという情報も入ったので、水源に行ってくんでこようと思います。
以下、引用元URLからの引用

今回は、小林 正観さんが書かれた書籍「幸も不幸もないんですよ」より、『アトピーが消えた不思議な水の力』のお話を紹介したいと思います。 

アトピー性皮膚炎は西洋医学ではなかなか治り難い疾患の一つだと私は思ってます。ステロイドを塗ってかゆみを抑えた処で、実は症状は悪化していくようです。アトピー性皮膚炎を根本的に治癒するなら、食事療法を主体とした自然療法が有力な一つの方法と思っていました。

体内に溜まった毒素が、肝臓や腎臓で処理しきれなくなって、皮膚で出てきたものが皮膚の疾患という捉え方ですから、まず食べ物を本来私たち人間に適したもの切り替えて、体の中からキレイにしなければならないのです。


ところがビックリ!

『私の細胞を正常にして下さってありがとう』と,コーヒーも紅茶も味噌汁も、体に入る水という水すべてに心から感謝を込めてお礼を言い続けたのです。そうしたら、26歳のお嬢さんが1ヶ月くらいで生まれてから苦しんできたアトピー性皮膚炎が治ってしまったのです。


■アトピーが消えた不思議な水の力

私(小林 正観さん)が49歳のときのこと。
髪の毛が半分白かったのです。順調に中年のおじさんになりつつありました。そんなときに、ある人に会いました。講演会のお茶会に、見知らぬ人が参加していました。見知らぬ人、初対面の人がお茶会に参加すること自体は珍しいことではありません。ですが、妙に親しげなのです。

「初めてお会いするのですよね」と聞きました。「何を言っているんですか。○○家の○○子ですよ」と言うのです。その人は家族ぐるみで、何回も会っている人でした。


「え。そんな顔していましたっけ」と私。「そうですよね。この顔は初めてですよね」とその人が。「意味がわかりません。どういうことですか」。「前回まで、ずっとアトピーだったんです。ひどいアトピーで、薬でも温泉治療でも治りませんでした。死にたいと思ったことが何度あったかも知れません。でも、つい最近ある人からこう言われたんです。水分をとるときはその水に向かって言いなさい。『私の細胞を正常にして下さってありがとう』と。水は、コーヒーも紅茶も味噌汁も、体に入る水という水すべて。ほかの治療を全部やめてこれをやることにしました。

そうしたら2週間で膿が止まり、その後2週間でかさぶたが全部はがれました。つまり、26年間苦しんできたアトピーが、水に話しかけ飲んだだけで治ってしまったんです。前回までは5ミリのブツブツの間をファンデーションで埋めてから、そこに目や口を描いていましたから、毎回違う顔でした。今日はすっぴんで、これが本当の顔です」

すごい話で驚きました。が、それはそれでとても楽しい話です。私もやってみたい、人体実験してみたいと思いました。しかし、そのとき、私には不調なところがありません。自覚できる「治った」「変わった」と言えるようなところはないだろうか、と探しました。1つだけありました。髪の毛です。

ありとあらゆる水に「若返らせて下さってありがとう」と言いながら飲みました。1ヶ月後、髪の毛が真っ黒になりました。以来、私の髪は黒いまま。まったく染めていないのに黒いのです。

三つ目の事例。
完全に100%しらがになっている70歳の人が、この話を聞きました。そして実践。1年間水に向かって「若返らせてくれてありがとう」と言い続けました。1年後、半分以上黒髪になりました。

私の知り合いの医者に言わせると、高齢になるとメラニン色素が髪の根元に集まらなくなるのだそうです。たとえ集まったとしても、集まったメラニン色素を髪の毛の中に送り込むのは、膨大なエネルギーが必要なのだとか。エネルギーが沢山ある若い人ならともかく、70歳の人が、と驚いていました。

この三つの実例の結果、以下のようなことが推定されるのです。水はもの凄いエネルギーを秘めているみたいだ。体の中で私たちの望むように働いてくれるみたいだ。命令したり威張ったりしてはいけないが、ありがとうや感謝の気持ちが伝わると、よく言うことを聞いてくれるみたいだ。

【出典】幸も不幸もないんですよ 人に、お金に、運に好かれる法則 小林 正観著

プロフィール

ゆうあん

Author:ゆうあん
石川県の能登半島で、自然に寄り添いながら、大いなる癒しを探求しています。
子供のころからアレルギー体質で、ペニシリン、スギ花粉症、金属アレルギー、化粧品アレルギー、日用品アレルギーなどを経験し、ありとあらゆる体質改善を試し、克服してきました。私の夢と願いは、すべてのアレルギーを抑える究極的な自然療法を見つけることです。

◆防犯・防火対策にセコム

今年の夏は酷暑になるという予報です。窓を開けることが多い季節柄、防犯対策をしっかりしておきましょう。女性や高齢者向けの安心プランも充実!
セコムホームセキュリティ

検索フォーム

QRコード

QR

◆防犯はセコム(SECOM)

セコムホームセキュリティ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。