FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歯周病の歯茎さがりをなんとかしたい!

myrrh-oil.jpg

クローブエキスを使い始めてから、歯茎の痛み、出血もなくなり快調です。ピールのおかげで、ステイン除去もしっかり。あとは、、、後退してしまった歯茎が再生してくれないものでしょうか。絶対にインプラント手術なんかはしたくない。ハーブで特効薬はないものでしょうか。

また海外のサイトを調べてみました。いくつか方法はありますが、やってみようと思ったのは次の二つの方法です。

(1)オイルプリング
インドの伝承医学アーユルヴェーダを起源とするオーラルケアの方法で、ゴマ油で口をくちゅくちゅとゆすぐ方法です。アメリカでは、ココナッツオイルのオイルプリングが推奨されています。歯周病や虫歯の細菌を殺し、歯を白くし、歯茎の再生を助けるとのこと。やり方は、大匙1杯のオイルを口の中でクチュクチュと15分~20分ゆすぎます。オイルは呑み込まずに吐き捨てて、あとは水ですすぎます。

早速、私は家にあるエゴマ油で、オイルプリングを始めました。エゴマ油はクセがあるので、ピールのホワイトニング剤を2滴ほど入れています。ティーツリーやペパーミントのエッセンシャルオイルを垂らしてもいいでしょう。しかし、10分もクチュクチュを続けるのはつらい。なぜこんなに長い時間ゆすがなければならないか、根拠を調べてみましたが出てきませんでした。考えられるのは、唾液をしっかり出すためかもしれません。自分はがんばって7分。そのかわり朝晩2回やることにしました。

(2)没薬(もつやく)
お香として有名な没薬(もつやく)が、なんと歯肉疾患に効果があり、歯茎を再生させるとのこと。没薬のエッセンシャルオイルをオイルプリングの油に垂らして、オイルプリングをすると相乗効果がありそうです。

没薬は樹脂なので、粉末にする場合は、いったん冷凍庫で凍らせてからミルサーにかけて粉末にしないと、刃にがっちりとからみついてきます。没薬のエッセンシャルオイルは高価なので、インフューズド・オイルをつくるという手もあります。

樹脂系インフューズド・オイルの作り方は、1カップの植物油(オリーブオイルなど)に対し、7グラムの没薬の分量で耐熱ガラスに入れて、低温で湯煎に3時間かける。油は温度が上がりやすいので、3時間つきっきりになります(動画参照)。さましてから、キッチンペーパーで油をこして、没薬オイルのできあがり。

とはいっても、3時間もつきっきりは無理なので、私はシャトルシェフに熱湯を注いで、没薬の入った耐熱ビンを入れました。温度を測ると60度どまりでした。その状態でフタをして保温し、成分抽出しました。





セコムホームセキュリティ

プロフィール

ゆうあん

Author:ゆうあん
石川県の能登半島で、自然に寄り添いながら、大いなる癒しを探求しています。
子供のころからアレルギー体質で、ペニシリン、スギ花粉症、金属アレルギー、化粧品アレルギー、日用品アレルギーなどを経験し、ありとあらゆる体質改善を試し、克服してきました。私の夢と願いは、すべてのアレルギーを抑える究極的な自然療法を見つけることです。

◆防犯・防火対策にセコム

今年の夏は酷暑になるという予報です。窓を開けることが多い季節柄、防犯対策をしっかりしておきましょう。女性や高齢者向けの安心プランも充実!
セコムホームセキュリティ

検索フォーム

QRコード

QR

◆防犯はセコム(SECOM)

セコムホームセキュリティ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。