スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

植物性乳酸菌液の作り方

nyusankin2.jpg

自然療法勉強会の時は、必ず植物性乳酸菌の話をしてきました。植物性乳酸菌発酵の一番わかりやすい例が、漬物ですが、日本人が昔から食べてきたものであり、遺伝子的に体に何の問題もない、むしろとてもいいからです。植物性乳酸菌は、ぬかから抽出でき、豆乳ヨーグルトなどが作れます。

体にはいいはずなのですが、なぜかいまひとつ強烈なインパクトでよさを感じられないため、作ったりやめたりの繰り返し。なぜなのか考えてみると、やはり胃酸で乳酸菌がほぼ死滅するためかもしれません。

そこで、おもしろい実験をおもいつき、また玄米乳酸菌液を培養しはじめました。左が米ぬか、右が玄米を発酵させています。同じ環境下においていますが、明らかに玄米ボトルのほうが活発で、3日めでph.3~4になりました。米ぬかボトルはまだph 4~5のあたりです。

なぜ、玄米に比べて、米ぬかの方が発酵力が弱いかというと、米ぬかが古いと酸化するからです。自宅で精米したての米ぬかであればいいのですが、もらってきた米ぬかだと何日経過しているかわかりません。だからといって、発酵しないわけではないから、有効活用しない手はありません。

では、炒りぬかはどうかという点ですが、乳酸菌は高温に弱いので、発酵力は弱いです。しかし、炒りぬかで乳酸菌液を作っている人がいたので、まったく発酵しないとは言い切れません。

作り方は、クックパッドの発酵うまみ塾に掲載しました。
・玄米から作る植物性乳酸菌液

※ 以下もレシピのリンクを貼ってあります。
米ぬかから作る植物性乳酸菌液
種菌を増やすための栄養液

さて、ただいま大量に乳酸菌を作っていますが、何に使うつもりなのかはまた後日!


セコムホームセキュリティ

プロフィール

ゆうあん

Author:ゆうあん
石川県の能登半島で、自然に寄り添いながら、大いなる癒しを探求しています。
子供のころからアレルギー体質で、ペニシリン、スギ花粉症、金属アレルギー、化粧品アレルギー、日用品アレルギーなどを経験し、ありとあらゆる体質改善を試し、克服してきました。私の夢と願いは、すべてのアレルギーを抑える究極的な自然療法を見つけることです。

◆防犯・防火対策にセコム

今年の夏は酷暑になるという予報です。窓を開けることが多い季節柄、防犯対策をしっかりしておきましょう。女性や高齢者向けの安心プランも充実!
セコムホームセキュリティ

検索フォーム

QRコード

QR

◆防犯はセコム(SECOM)

セコムホームセキュリティ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。