スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キッチン・サイエンスの妙味

f8db47e6-8baf-4510-9b0b-c72b93ea9fb1.jpg

PHと還元電位計測をして、いろいろ興味深いことがわかってきました。この内容は、今月の自然療法勉強会で話そうと思っています。お米から作る水素水を、電気分解で作る水素水と区別するために、「バイオ水素水」と呼ぶことにします。私は敏感肌なので、水素水の効果はてきめんにあらわれます。刺激に敏感すぎる肌は私の悩みの種ですが、よい効果が表れる時もリトマス試験紙かというぐらいにわかりやすい出方をします。そして、このバイオ水素水が血液中のソマチッドを活性化させ、免疫力があがるそうです。このポテンシャルは無限大。

私は台所でいろいろな実験をするのが趣味ですが、料理も含めて科学的に知ること、「キッチン・サイエンス」が楽しくてしかたありません。研究室のような環境や条件でデータをきっちりととることは学術的に必要なことでしょうが、台所で気温も室温も一定しない空間でとる、実にアバウトなデータも大事だと思うんです。発酵なんかは特にそうなんですが、酵母にとって必ずしも最適とはいえない環境で発酵させるには...みたいな経験をちゃんと数値化していくと、他の人に教える時も失敗しないやり方を伝授できる。

まあ、今日もあちこちから集めてきた薬草を使ってオイルを作ったり、ザクロの酵素ドリンクを仕込んだりと、時代が違えば「魔女」と呼ばれそうな暮らしですね。田舎だから材料が豊富で、恵まれた環境です。

「この国根幹の重大な真実」という本の中からの引用

「STAP細胞はリンパ球である」というのは、森下先生の証言です。

森下・千島学説(森下敬一、千島喜久男)はどんな学説か。これは三大原理といわれています第一の原理は「腸管造血説」。すなわち、血液は腸でできているということですね。第二の原理は、「細胞可逆説」。食は血となり肉となる。これが真理です。それを東大医学部教授は「骨でできるんだよ」とえらそうにいう。血は何になるのか。血は肉、すなわち体細胞になる。肉や神経、骨、体細胞に変わります。栄養が血球細胞になり、血球細胞が体細胞になるということは、血球細胞が万能細胞なんです。

第二の原理の「細胞可逆説」は、血球細胞は体細胞になり、体細胞は、飢餓状態になると血球細胞に戻り、血球細胞は栄養分に戻っていくのです。これが同化作用と異化作用...これが生命現象です。

第三の原理は、「細胞新生説」。細胞は無から生じる。細胞は細胞からしか生まれないというのは、嘘八百です。細胞は食物から生まれている。すなわち無から有が生じる。卵を割ったら中にちがはいっていることがある。あれは黄身が赤血球に変化したものです。このように細胞は無から生じるんです。

ソマチッド。ここで四番目の森下理論が出てまいります。最近不食の人があらわれている。なぜ食べないで生きられるのか。実は、経絡の中にあるソマチッドという、微小な生命体が太陽エネルギー(プラーナ)をうけると猛烈に増殖して、それが赤血球になり、白血球になり、体細胞になるからです。つまり光合成です。プラーナ(宇宙エネルギー)が、そのまま体細胞に変わっていく。

最近、森下先生はチューブリング微小管という理論にたどりつきました。チューブリング微小管を簡単に説明すると、4次元のエネルギーはらせん構造であるという理論です。人間の体は三次元です。この微小管は人間の体内に入ったときに、気(プラーナ)のエネルギーが通る管を形成する。これが経絡になる。経絡は発達して、リンパ管にかわり、さらに血管にかわり、神経にかわっていく。そして、人間の体はエネルギ-ネットワークを形成する。これが森下説です。これは経絡の中にソマチッドが増殖して、体細胞を作っているという証拠の写真です。

ソマチッドボンパ

ソマチッドは16段階に変化します。微小生命体、不死の生命体といわれています。鉱物の中にも植物の中にも、生体の中にもいる。人間が死んでもソマチッドはしなないといわれています。生命の原点です。

一番大事なことをいいます。断食こそが最大の再生医療です。断食、小食こそが本当の再生医療、若返りなのです。あらゆる臓器が再生する。

プロフィール

ゆうあん

Author:ゆうあん
石川県の能登半島で、自然に寄り添いながら、大いなる癒しを探求しています。
子供のころからアレルギー体質で、ペニシリン、スギ花粉症、金属アレルギー、化粧品アレルギー、日用品アレルギーなどを経験し、ありとあらゆる体質改善を試し、克服してきました。私の夢と願いは、すべてのアレルギーを抑える究極的な自然療法を見つけることです。

◆防犯・防火対策にセコム

今年の夏は酷暑になるという予報です。窓を開けることが多い季節柄、防犯対策をしっかりしておきましょう。女性や高齢者向けの安心プランも充実!
セコムホームセキュリティ

検索フォーム

QRコード

QR

◆防犯はセコム(SECOM)

セコムホームセキュリティ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。