FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ターメリックオイルの作り方

P1010015.jpg

アトピーになると皮膚が乾燥してボロボロになりますが、防御機能が壊れてしまった肌を雑菌や紫外線から保護するために、クリームかオイルを塗らなければなりません。しかし、炎症を起こしている肌になかなかあうものを見つけるのは大変です。私のアトピー肌がかろうじて受けつけてくれるのは、スクワランとホホバオイルです。これにターメリックを加えると、炎症がおさまりはじめました。なぜ、そうなったかを調べてみると、細胞の炎症性サイトカインを抑制する働きをクルクミンが持つということがわかりました。クルクミンを一番多く含む植物はターメリック(秋ウコン)です。

インドの伝承医学アーユルヴェーダに、ターメリックを用いた治療法があり、ゴマ油を用いてターメリックの成分抽出をするのですが(クルクミンは油溶性のため)、私は自分にあうホホバオイルを使ってみました。

<材料>
ホホバオイル 200cc
ターメリック ティースプーン1杯 (※アトピー肌に使うため、量を控えました。健康な肌であれば、大匙1杯です)

<作り方>
(1) ホホバオイルを80度に加熱してから、ターメリックを入れる。
(2) 丸一日放置してから、ろ過して、遮光ビンに詰める。(※健康な肌であれば、3日ほど放置して濃度を濃くするといいようです)

これを使用して一週間になります。私は接客業のため、顔のアトピーを隠すためにどうしても化粧をしなければならず、肌がなかなかよくなりにくいのですが、それでも、ただスクワランを塗っていた時よりも肌がよくなりつつある実感がもてます。クレンジングにもターメリックオイルを使っています。洗顔後、オイルを塗る時はたっぷり塗ると毛穴をふさぐので、うすく伸ばしてから、ティッシュで余分な油分を吸わせるぐらいのほうが、肌への負担にならず、いいように思います。

プロフィール

ゆうあん

Author:ゆうあん
石川県の能登半島で、自然に寄り添いながら、大いなる癒しを探求しています。
子供のころからアレルギー体質で、ペニシリン、スギ花粉症、金属アレルギー、化粧品アレルギー、日用品アレルギーなどを経験し、ありとあらゆる体質改善を試し、克服してきました。私の夢と願いは、すべてのアレルギーを抑える究極的な自然療法を見つけることです。

◆防犯・防火対策にセコム

今年の夏は酷暑になるという予報です。窓を開けることが多い季節柄、防犯対策をしっかりしておきましょう。女性や高齢者向けの安心プランも充実!
セコムホームセキュリティ

検索フォーム

QRコード

QR

◆防犯はセコム(SECOM)

セコムホームセキュリティ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。